LPガスは、都市ガスや電気などの認可料金とは異なり、ガソリンや灯油などと同様に自由料金です。したがって、LPガス料金は販売店によって違います。

液石法改正(平成9年4月施行)により、料金制度の透明性を向上させるため、料金の構成やそれに含まれるサービスの内容を、消費者にわかりやすく示すことが新たに義務づけられました。料金制度には、二部料金制、三部料金制、最低責任使用料金制などがあります。

ガスの消費量の多少に関係なく1件に生じる固定的な費用
@容器やメーターなどガスを供給するための設備費
A保安や検針にかかる費用など


ガスの使用量に応じてかかる費用
@ガスの原料費 Aガスの配送費など